web 動画 起業 音楽 ジャズ jazz 営業 暗号通貨 仮想通貨 ビットコイン xem nem zaif
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡路のカバジ-赤坂編-

淡路で半農半芸生活の後、渋谷で営業3年間。現在は赤坂ミッドタウンのふもとでベンチャー立ち上げ、

「俺たち、親友だよな!」の話

4月。

 

新卒者が駅で待ち合わせ。

 

新しい環境で共に頑張ると。

 

良い。

 

でも。

 

あと2週間もすると、

 

「同期最高説」が氾濫する。

 

世の中は最高なやつでいっぱいになる。

 

あれに毎年違和感を感じる。

 

f:id:gkaba:20170407094001p:image

 

 

 

例えるなら、

 

  • 高校生の時に「俺たち親友!」って言って来たやつのその感じと同じ感じ。

 

 

それって、粋じゃない気がしてしまう。

 

言わなくていいよ!って。

 

それを言わない方が効果的だよ!って。

 

 

例えるなら、

 

  • 「私達のグループって凄く個性的な面々で」という自己紹介みたいな。

 

そんなこと言わないで!って。

 

なります。

 

それなら、「私達は無個性ですが、無個性を集める事で無個性という個性が出来ました。」みたいな方が好感もてる。

 

 

春が来た。

 

4月の1週目、出鼻挫かれた。

 

今日の2件、絶対勝つ。

 

弱いから準備する。

 

決しておごらない。

 

粋。

 

ベーブルース